遺言書の作成

family_danran_big家族のために遺言書を作成する

遺産の分割は遺産分割協議によって決めるのが理想的ですが、相続人全員が納得するように分けるのは難しいものです。また、相続人ではない人に財産を渡したいといったケースや、特定の相続人には財産を渡したくないといったような、法定相続では対応出来ないケース等もあることでしょう。
そうした場合に将来のトラブルを未然に防ぐことが出来るのが遺言書の活用です。尚、「うちは財産がないから遺言なんて関係ない」という方からの遺産相続に関するトラブルが増加していますので、財産額に関係なく準備されることをお勧めします。

そこで、遺言書の種類や書き方などを理解しておきましょう。

また、当協会では遺言書作成のアドバイスも行っております。相続税がかからない場合は司法書士や行政書士でも遺言書の作成が出来ますが、相続税がかかる可能性が少しでもある方は、税理士にご相談頂いたほうが包括的にアドバイスを行うことが可能です。
当協会では、司法書士、行政書士、税理士と提携しておりますので、家族のために遺言を検討されている方は、一度ご相談にお越し頂くことをお勧め致します。

遺言書を作成するメリット

遺言書には法的な効力があるが故に、生前にしっかりとした遺言を書いておくことで
自らの意志を亡くなった後も活かすことが出来ます。
そこで、遺言書でどんな事が実現できるかをみていきましょう。

詳しくはこちら

遺言書の種類

遺言書には自筆証書遺言と公正証書遺言と秘密証書遺言があり、
それぞれにメリット・デメリットがありますので、詳しくみていきましょう。

詳しくはこちら

遺言書の書き方

法律的な効力を持つ遺言は、民法で書き方も決められています。
そこで、折角書いた遺言が無効にならないようにしっかりと確認しておきましょう。

詳しくはこちら

遺言書作成の専門家に依頼したときの費用

遺言書の作成を専門家に依頼すると、その専門家への費用が発生します。
何にいくらの費用がかかるのか、詳しく見てみましょう。

詳しくはこちら

遺言書に記載して効力のある内容とは?

財産や家を所持していてそれを残す場合、遺言書の存在はとても重要なものとなります。

遺言書は財産などの相続に関することを遺言者が指示できるものですので、どのような内容が有効なのかをしっかり確認してみましょう。

詳しくはこちら

いくつかある遺言の種類

遺言にはいくつか種類があります。種類によって特徴が異なりますので事前に把握しておきましょう。

詳しくはこちら

遺言が無い場合の相続の進め方とは?

もし遺言を残していた場合には、その遺言の内容に沿って遺言で指定された相続人が財産や家を相続することになるわけですが、

遺言が無い場合はどのようにして相続を行うことになるのでしょうか。

詳しくはこちら

相続する相手が決まっている場合や揉め事を起こさないための遺言

遺言が無く、相続権を持つ人が多数いた場合、必ずと言っていいほど財産を巡り揉め事やトラブルが発生します。
トラブルが起きる可能性がある人は必ず遺言を残し、揉め事無くスムーズに相続を行なえるようにしておくことが必要となります。

詳しくはこちら

遺言を書くタイミングと伝える適切なタイミングとは?

遺言を書くタイミングと伝えるタイミングは特に相続人に対しても遺言人に対しても大事なものです。
遺言を書くベストなタイミングをしっかり確認しておきましょう。

詳しくはこちら

相続人が先に死亡した場合の相続の行方と遺言の取り扱い

もし遺言人よりも先に相続人が死亡してしまった場合には、遺言と相続はどのような扱いになるのでしょうか。

詳しくはこちら

遺言を撤回する場合の手続きとは?

遺言の種類によって、遺言を撤回する場合の手続きは異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

詳しくはこちら

遺言書がでてきたら(検認・執行)

遺言書が出てきた場合にはすぐに開封してはいけません。遺言書の種類によっては、勝手に開封してしまうと過料に処せられる場合があります。
そこで、遺言書が出てきた場合の取り扱いやその後の手順などについて説明します。

詳しくはこちら

遺言書が2通出てきた場合の対処法とは?

遺言書が2通残されていた場合、どちらの遺言書が効果がある遺言書になるのでしょうか。
この場合は2通の内の記載された日付が新しいものが効力の有る遺言書となり、日付の古いものは遺言書としての効力が無いものとなります。

詳しくはこちら

このページに関連する記事

  • 料金表
  • 運営協会紹介
  • スタッフ紹介
  • お客様の声