遺言を書くタイミングと伝える適切なタイミングとは?

心配そうに話し合うお婆さんのイラスト

遺言は子孫に財産や家などを残す場合にとても重要となる書類です。
その為遺言を書くタイミングと伝えるタイミングは特に相続人に対しても遺言人に対しても大事なものだと言えます。


遺言を書くタイミングはいつがいいの?

まず遺言を書くタイミングですが、これは自分自身で正常な判断が出来る元気な間に遺言を書いておくことがとても大事なポイントとなります。

何故ならすでに正常な判断が出来ない状態である場合や、自分自身で遺言書を作成できないような状態での遺言書作成は、遺言者が亡くなった後に相続人の間でのトラブルに発展する可能性があるためです。

相続人に伝えるべきタイミングは・・・

遺言書を元気なうちに作成した場合には、そのことを出来るだけ早い段階で相続人に伝えることも大事になります。
タイミングとしては亡くなる直前などではなく、まだ自分自身から遺言のことを伝えられる状態の内がベストなタイミングと言えます。

これに関しても亡くなった後で遺言書があることが分かった場合には、相続人の間でもめ事に発展する場合が多いためで、そうならないようにするためにもまだ元気なうちに遺言書を作り、そのことを相続人に対して直に自分の口から伝えるということが最良の遺言伝達のタイミングとなります。

正式な公証遺言の場合も、出来るだけ元気なうちに伝えておくことが亡くなった後のトラブル防止に繋がります。

  • 料金表
  • 運営協会紹介
  • スタッフ紹介
  • お客様の声